【バギオ】The Units

おすすめポイント

短期集中、スパルタ中のスパルタ環境で学習したい 祝日も関係なく授業を提供してくれる学校を探している ルームメートに留学の質を左右されたくない・・・一人部屋を希望

 

そんな方には、THE UNITSをおすすめいたします!

 

チェック!

正式名称 THE UNITS
所在地/住所 #88 Marcos Highway,Bakakeng Central,Baguio City,
設立年度 2002年4月
講師 10名
日本人スタッフ ×
学生定員 30人
空港からの距離 マニラから車で約7時間
日本人比率 0人 (今後3人程度を目指す)
正式名称 THE UNITS
公式ホームページ

 

特徴

1 . 全室完全1人部屋

THE UNITSは全室1人部屋です。

なので、ルームメートのことを気にせず、自室で、思う存分、大きな声で音読しながら、

英会話の復習、練習ができます^^

また、学校定員を30名以下に限定し、質の高い授業とサポートを提供します。

 

2 . 習慣的な反復練習により、自然に口から飛び出る「英語形成カリキュラム」

従来のたくさんの単語を覚え、文法をマスターするスタイルではなく、

聞いたり、見たり、読んだりしたことを、自分自身の言葉に置き換え要約します。

日常的に使わない言葉は、覚える必要は一切ありません。

ワークシートシステムという効率的な反復学習により、

日本語で考えなくても、自然に英語で話せるようになります。

 

3 . 祝日も通常授業 土曜日も日曜日も課題があります

1週間に2日も休んでしまうと、勉強に影響が出ると考え、The Unitでは、祝日に2倍のお給料を払ってでも学生の英語学習の影響が出ないよう、

祝日にも授業が行われます!

ここまでやってくれる学校は、まずありません。

それだけではなく、土曜日の午前中は、1週間の総まとめテストが行われ、

日曜日は、夜の20時から月曜日の準備をするよう英語学習をする雰囲気を造りだしています。

ここにいる間だけは、英語尽くしで頑張りましょう!!

(※ただし、クリスマスや大名節は除外)

 

4 . 校内イングリッシュゾーン

イングリッシュゾーンを謳っている学校はたくさんありますが、なかなか守られていないのが現実です。THE UNITSでは、確実に学校+寮部屋の中では英語のみを話すように指導しており、それが守られない場合は、警告もしくは退学の厳しい処置をしている為、実際にもこの規定は守られています。THE UNITSでは英語を話すようにというよりは、母国語を話さない見ないように指導しています。その為、寮部屋は、誰とも話せない個室にこだわっています。

 

5 . 先生の質を向上させるため、高いお給料を支払っています

先生のお給料の満足度はとても重要です。

もっと高い給料を求めて職を探している先生と、自分の給料を維持する為、授業の質を上げる努力をする先生では、雲泥の差です。

The Unitでは、先生のお給料を通常より上げ、祝日はダブルペイをするなど、先生への保障を厚くし、授業の質を高く維持しています。

 

THE UNITSのカリキュラム

1.パターンテスト(朝):25の文章/日(4週タームごとに反復)
生活の中で使われる必須フレーズを1日25文ずつ覚え、日本語の音声で流れるフレーズを10秒以内に英語で書くテスト。点数が90点以下の場合、1個あたり3ペソ(約7円)のペナルティがあり、集まったペナルティは、タームの最後の金曜日のパーティに使われます。

※4週間ごとに同じ内容で繰り返し行われる為、何タームか繰り返すうちに完璧に覚えられる。

 

2.授業:(1:1授業3時間+小グループ2時間=計5時間)

1) Movie Motion Class ※1:1

映画で出てくるシーン(場面)ごとにストップさせ、状況を描写させる授業。学生が場面を描写すると、先生がノートに書きとめ、正しい文章(文法的な要素と状況的要素を考慮する)に校正する方式で行う。

同じ映画を3回繰り返すことを原則とし、終了後は、学生が好きな映画で授業を行う。

A) 1回目視聴するとき : シーン(場面)の重要部分を描写
B) 2回目視聴するとき : シーン(場面)の細部的な描写
C) 3回目視聴するとき : シーン(場面)の流れを描写(中継するように)

 

※話す練習として最適!

2) IELSS (Intensive English Lisening Speaking Skills) ※1:1

“聞いたことをそのまま話す” 授業。MRS 教材を利用し、原本を見ないで、集中して 2~3回まで聞き、理解した部分を本人の語彙で再表現する方式。

A) 原本を見ないで、3回まで聞き、理解した部分を要約して話す。

B) 文章ごと、もしくは単語に切って、もう一度聞き、理解した部分を要約して話す。
C) 該当した原本に出てくる関連問題を解く。
D) 原本を見ながら大きい声で読み、発音とイントネーションを矯正した後、理解した部分を話す。
E) シャドーイング(同じようについて読む)学習法で仕上げる。

 

※ここまで徹底的にやると発音がかなり改善されます。

3) DISCUSSION ※1:1

日常的素材をテーマに討論授業を行います。討論授業後は、「テーマ別スピーチトレーニング」
Speech のテーマ : TOEIC, TOEFL, IELTS, OPIcスピーキングテスト問題からテーマを選定

A) 前の日の Speech テーマ Writing(Homework)
B) Writing 校正後、大きい声で読み、発音矯正
C) 新しい Speech 主題選択後、先生の前で Speech.
D) 先生にアドバイスを受け、文章と内容を付け加える作業。
[毎週金曜日] 月~木まで扱った主題をもう一度 Speech 演習。

 

※日常的なことがテーマになるので、使えるボキャブラリが増え、話の幅が広がります。

4) PRONUNCIATION ※4:1の小グループ

フィリピンの先生たちの発音をトレーニングする発音専門講師が、発音の指導をします。毎日音読するワークシートの文章に対する発音を基本的に矯正し、各発音に対してひとつひとつ矯正してくれます。同時にイントネーションや抑揚なども、丁寧に指導。愛とユーモア溢れるカリスマ先生の授業は、50分があっという間に過ぎます。

※バギオイチと言われるカリスマ先生の愛ある厳しいトレーニングで発音矯正

5) カランメソッド ※4:1の小グループ

英語圏ではない国の人たちが英語を効果的に習う方法のひとつとして知られています。先生が繰り出す質問に3秒以内に受け答える。前置詞や時制も正確に答えなくてはいけない上、制限時間もあるので、瞬発力がつきます。どれだけ緊張しないでいられるかがコツ。特に即問即答する形式の授業は初歩の学生の会話向上に大いに役立ちます。

※世界的にも有名なカランメソッドを導入

 

3. ボキャブラリーテスト(午後):1日40個 (4週ごとに繰り返し)

まとめて覚えよう! 単語もお互いに親しい友達がいて、まとめて暗記すれば速読及び速聴ができるようになる!これで、作文でも間違いを減らすことができるよ。テスト方式はパターンのテスト方式と同様で、点数が 90点以下の場合、1個当り 1ペソ(約2円)のペナルティがある。

 

4.ワークシートリーディング(夜)

夕食後、19時から23時まで、一日に 4時間をかけて、英文(基本パターン文章)を大きい声で、 正確に、早く読み、まず口になじませ、口になじんだ文章は、詳細的に繰り返し確認、体得する特別トレーニングを行う。トレーニング時間の間は、マネージャーチームが継続的にチェックし、一週間単位で、79% 以下にチェックされる場合、ペナルティが賦課される。
* 詳しい内容は [ザ・ユニッツ教習法]-[Worksheet Reading System] 参照

 

5.週末

1) 土曜日(午前) 聞き取り(外国語能力聞き取り試験)、ディクテーション、週末試験(一週間の間のパターン 50文章抜粋で復習)で進行。特にタームの 3週目の土曜日の午前中には、パネルインタビューを通じて就職面接に備えインタビュー形式に進行される。土曜日午前のアクティビティまで終えた後、外出可能。

時間 内容 備考
08:00~08:10 語彙テスト(一致)  
08:10~08:30 リスニング評価 大学入試試験のリスニング問題
08:30~08:50 ディクテイション(書き取り)  
08:50~09:30 パターン試験 1週間分から50問題抜粋
09:40~ 外出  

 

 

2) 日曜日(午後) 夜7:30までに学校に戻り、単語1週間分のテストと Writing エッセイ。

 

時間 内容 備考
07:30~07:50 単語テスト 1週間分から 100問抜粋
07:50~08:30 Writing Test エッセイ作成(時間制限あり)
08:30~11:00 ワークシートリーディング 翌日の授業準備

 

6.平日の時間割

時間 内容 備考
07:20~07:50 朝食  
07:50~08:00 リスニング/パターンテスト TOEICリスニング&前日のパターン
08:30~12:20 授業 1時間目~4時間目
12:20~13:00 昼食  

13:00~16:50

授業 5時間目~8時間目
17:30~17:40 ボキャブラリーテスト  
17:40~18:00 夕食  
19:00~23:00 ワークシートリーディング パターン25を見本とそっくりに音読
23:00~ 就寝  

 

 

料金表

■ 日本で先にお支払い頂く費用

 

1.登録金 : 15,000円

※オンライン申請後、ご入学案内をメールでお知らせします。

メールを受け取ったら、内容を御確認頂き、1週間以内にご指定の口座へご入金ください。

ご入金確認後、正式に予約が完了します。

キャンセルされる場合でも、登録金は返金されません。

 

2.学費(学費+寮費) : 1,400ドル/4週

※1人部屋(トイレ・シャワー・ベランダ付)、1日3食、掃除週2回、洗濯週3回含む

 

3.ピックアップ費(マニラ→バギオ) :70ドル

※学校の車で1日1回指定日ピックアップ

 

■日本での前払い金額

 

  4週 8週 12週 16週 20週 24週

授業料+寮費

1400ドル

2800ドル

4200ドル

5600ドル

7000ドル

8400ドル

ピックアップ費

70ドル

70ドル

70ドル

70ドル

70ドル

70ドル

長期割引 100ドル 200ドル 300ドル
合計 1470ドル 2870ドル 4270ドル 5570ドル 6870ドル 8170ドル

* オンライン申請後、1週間以内に登録金をご入金ください。

また、入学の1ヶ月前までに残りの残金をご入金ください。

■お支払い方法

開始の1ヶ月前までに、指定の日本口座へご入金ください。

為替レートは、入金時のメトロバンクの送金口座+1円で計算いたします。

※メトロバンクの為替レートは、こちらで確認できます。

 

■現地でお支払い頂く金額(一括でお支払い頂いた場合)

 

  4週 8週 12週 16週 20週 24週

SSP

発給費

6,000 6,000 6,000 6,000 6,000

6,000

Icard

発給費

3,300 3,300 3,300

3,300

ビザ

延長費

3,300 7,850 9,200 11,750

13,050

最小

教材費

820 820 820 820 820 820

電気+

水道代

1,000 2,000 3,000 4,000 5,000

6,000

保証金

3,000 3,000 3,000 3,000 3,000

3,000

合計

(ペソ)

10,820

15,120

23,970

26,320

29,870

32,170

合計 (円) 約25,000

34,000

54,000

59,000

67,000

72,000

※寮保証金は、退室時、部屋に問題がなければ、そのまま返金されます。

 

施設風景
 
 
alt alt alt alt alt alt
 
 
 
電話番号:03-6679-6888 営業時間:月~金 9:00~17:30 (定休日 土日祝) スカイプ:ph-de-eigo
フィリピンdeえ・い・ご! お問い合わせはこちら 無料体験授業はこちら 入学申込はこちら